定款認証の新制度

 

新制度の対象法人は株式会社、一般社団法人、一般財団法人になります。

平成30年11月30日から会社設立時の公証役場での定款認証に新たなルールが設けられました。

それは、会社成立時に実質的支配者となるべき者について、氏名、住所、生年月日、暴力団員等ではないか、といったことを公証人に申告しなくてはいけません。

実質的支配者とはなんぞや?ですが、こちらは設立した会社を実質的に支配することが可能な人物、株式会社ですと議決権を多く持っている人、になります。株主総会を制する者が会社を制するということでしょうか。

大抵は発起人の方や株主の方になるかと思われます。発起人が法人だったりするとまたややこしくなるのですが、それはまたの機会にいたします。

 

 

 日ごろ見聞したものや有益そうな情報を不定期に書き留めて行きます。

 

最近は近況をFacebookにて更新しております。

よろしければご覧下さい。

 

 

 

 初回相談無料です!

対応しているエリアは、

東京・埼玉・千葉・神奈川

合格通り

司法書士事務所

〒332-0034

埼玉県川口市並木二丁目4番5-202号

電話048-235-4256

JR京浜東北線 西川口駅 東口

TEL048-235-4256
FAX048-235-6473
お問い合わせ
埼玉司法書士会
法テラス